被葬者の祟り?渋谷区現存唯一の古墳 – 猿楽塚古墳・猿楽神社(東京都渋谷区猿楽町)

久しぶりの投稿となってしまいました。

明けましておめでとうございます。(※記事公開時点では、2020年1月5日)
2020年もゆるゆると更新していきますので、よろしくお願いします。

さて今回は、代官山にある猿楽塚(さるがくづか)古墳です。

代官山駅を降りて旧山手通りを西に歩くと、ヒルサイドテラスという集合住宅・店舗の複合施設がありますが、その広場の角にこんもりとした緑があります。

「住民の憩いの場的な、お庭かな?」と思うくらいのさりげない佇まい。知らないと通り過ぎてしまいますが、立派な古墳

こちらが、その猿楽塚(さるがくづか)古墳の北塚。南北で円墳が2基あり、北にある大きい方の塚を猿楽塚と呼ばれています。

墳丘には猿楽神社という神社も建っています。

猿楽塚と、猿楽町の町名の由来

猿楽塚古墳は、6〜7世紀頃、古墳時代末期築造と推定されている円墳。発掘調査はされておらず、詳細は不明。

江戸時代のガイドブック『江戸名所図会』に記載があり、渋谷長者という人が近隣の住民と語らい、この塚で酒宴を催し歓楽したといういわれに因み、「我が苦を去る」から「去我苦塚(さるがくつか)」と呼ばれるようになった、と。

また、源頼朝がこの地で猿楽を催し、そのときの道具を埋めたという伝説がありますが、江戸時代からその伝説の信憑性は疑わしいとされています。

いずれにせよ、この塚の存在から、猿楽町という町名がきています。

被葬者の祟り?猿楽神社由緒

墳頂にある猿楽神社の祭神は、天照皇大神(アマテラス)、素戔嗚尊(スサノオ)、猿楽大明神、水神、笠森稲荷。

大正時代にこの地に居住していた朝倉家によって創建されました。

ここのすぐ裏手に、朝倉家旧邸宅がありますが、昔はここ(ヒルサイドテラス)も朝倉家の敷地でした。

所有者の朝倉家は古くは武田家に仕えた、戦国時代からの名家。

当時の当主・朝倉虎治郎(渋谷区最初の区議長でもある人物!)は、ある日こう思ったのかもしれません。

「ちょっと庭広げよっと」

そんな軽いノリだったかはさておき、庭園をつくるつもりで当時4基あったらしい古墳のうち1つを取り壊したところ、虎治郎と工事した棟梁が原因不明の病に。

これはもしや、やらかしてしまったのでは…?

祟りかもしれないと。

そこで、塚からでてきた人骨らしきもの、道具などを丁重に供養して、そこに神社を建てて「猿楽様」として祀ったとのこと。

説明書きに朝倉徳道と名前がありますが、この方が叔母から聞かされた話だそうです。

猿楽神社の脇には、小さな石祠(せきし)、馬頭観世音菩薩の碑が立っています。

石祠

馬頭観世音菩薩の石碑

よく見ると、上に「南無妙法蓮華経」、下に「馬頭観世音菩薩」と書いてあります。

猿楽塚古墳・猿楽神社の概要

祭神 天照皇大神(アマテラス)、素戔嗚尊(スサノオ)、猿楽大明神、水神、笠森稲荷
境内 石祠、馬頭観世音菩薩碑
主な神事 2月18日・11月18日
御朱印 なし
社務所 なし
住所 〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町29−9
駐車場 なし(近くの蔦屋書店代官山の駐車場が最初30分無料です)
アクセス 東急東横線 代官山駅より徒歩5分