初詣とかで神社に置いてあるでかい輪っか・茅の輪とその由来を解説!

初詣や6月頃に神社に行くと、参道に草で編んだ大きな輪っかがあるのを見たことはありませんか。

これは「茅の輪」(ちのわ)といい、「茅の輪くぐり」という儀式に用いるものです。

茅の輪くぐり」は、半年のケガレを落として心身をリセットし、新しい半年の無事を祈願する「大祓」(おおはらえ)という行事で行う儀式の一つ。

  • 1周目:正面でお辞儀、左足で茅の輪をまたぎ、左に回って正面に戻る
  • 2周目:正面でお辞儀、右足で茅の輪をまたぎ、右に回って正面に戻る
  • 3周目:正面でお辞儀、左足で茅の輪をまたぎ、左に回って正面に戻る
  • 正面でお辞儀、左足で茅の輪をまたいで拝殿へ向かう

このように計3回、8の字を描くようにくぐって回るのが正式な作法。

民間における「大祓」(おおはらえ)は、6月末と12月末の年2回行われ、6月末のは「夏越(なごし)の祓」、12月末のは「年越しの祓」といいます。

とはいえ初詣の参拝者全員が正式な作法をやると境内が混雑するため、あえて案内を出してないところもあります。空いていたら、やってみてはいかがでしょう。

さて、その「茅の輪くぐり」の風習は、平安時代初期に編纂された歴史書『続日本紀』(しょくにほんぎ)に見える、『蘇民将来』(そみんしょうらい)という伝説を由来としています。

それはこんなお話です。

蘇民将来

これは『備後国風土記』に載る、素盞嗚神社(広島県福山市新市町戸手 ※)に伝わる話―――。

昔、北の海に武塔(むとう)神という神がおりました。

武塔神が南海の神の女子の元へ通う道中、日が暮れてしまったので、そこの将来という二人の兄弟の家を訪ねました。

兄の蘇民将来(そみんしょうらい)はひどく貧しい一方、弟の将来は豊かで家と倉が百もありました。武塔神は、弟の将来に一夜の宿を求めましたが、惜しんで貸してはくれませんでした。

一方、兄の蘇民将来は家に迎え入れ、粟の茎で御座を用意し、粟飯などで武塔神をもてなしました。

それから数年経ったある日のこと。8柱の御子神を伴って、武塔神が蘇民将来の家に再び訪ねてきました。

武塔神は「先日の行いに対し、我は相応の報いをする。お前の子孫は、その家におるか。」と尋ねました。

蘇民将来は、「私には娘と、この妻がおります。」と答えました。そこで武塔神が「茅の輪を腰の上に着けよ」と言ったので、その通りしました。

その晩、蘇民将来の娘ただ一人を残し、みなことごとく死に絶えてしまいました。

そこで武塔神が言うに、「我は速須佐雄能(ハヤスサノオ)の神なり。後の世に疫病があれば、蘇民将来の子孫といい、茅の輪を腰につけたものは免れるであろう」と。

※原文では、疫隈の国社(えのくまのくにつやしろ)。

出典:『釈日本紀』第7巻

訓読文

備後国の風土記に曰く。疫隈の国社。昔、北海に坐しし武塔神、南海の神の女子をよばいに出でいますに、日暮れぬ。彼の所に将来二人ありき。

兄の蘇民将来は甚だ貧窮。弟の将来は豊饒で屋倉一百ありき。ここに、武塔神宿る所を借りるに、おしみて借さず。兄の蘇民将来は借したてまつる。すなわち粟柄を以って座となし、粟飯等を以って饗たてまつる。ここにおえて出で坐す。

のちに、年を経て、八柱の子を率いて還り来て詔りたまひしく、我は将来の報答を為す。汝の子孫、その家にありやと問いたまふ。蘇民将来、答えて申ししく。己が女子、この婦と侍りと申す。すなわち詔りたまひしく。茅の輪を以って腰の上に着けさしめよ。詔にしたがひて着けさしむ。

すなわち、夜に蘇民の女子一人を置きて、皆ことごとく殺し滅ぼしてき。

すなわち、詔りたまひしく。吾は速須佐雄能神なり。後の世に、疫気あれば、汝、蘇民将来の子孫といひて、茅の輪を以って腰に付けるある人は将にのがれなむと詔たまひしき。

いつから「くぐる」ようになった?

「武塔神をもてなした蘇民将来とその家族が延命する」という終わり方が通説ではありますが、原典をよく見ると、延命したのは娘だけ。なんとも不条理で怖い話です…。

これについては学者さんが様々な考察をされているので、興味をもたれたら是非調べてみてください。

ところで、お話では身につけるお守りであって、くぐるものではありません。

平安時代では、まだ基本的に身につけるお守りで、せいぜい大人一人が通れるくらいの輪っかを持ち、頭から輪っかを通す例があったくらい。

時代が下り、江戸時代初期には、現在と同じように大きな茅の輪を地面に据え置いて、人がくぐるという形になったようです。

関連スポット

素盞嗚神社(広島県福山市新市町戸手)

『釈日本紀』に載る、「疫の隈国社」が現在の素盞嗚神社。
「蘇民将来」発祥の神社、また『延喜式神名帳』に見える由緒正しい神社として信仰を集めています。

関連書籍